Christmas, Year-end and New Year holidays

気がつけば1月も中旬。早い早い。
元旦からの風邪で、完全に喉を痛め、
今週は全く声が出ていません。
友だちにも会えないし(会えるけど喋れない。)、
買い物もなんだかんだで話さなくてはいけなくて辛いので
週末は必要な買い物以外は家に引きこもり。
外に飲みに行きたーい!セールに行きたいぞー!

そんな2014年の始まりですが、
良いクリスマスと年末年始を過ごしました。


クリスマスプレゼントとして
だんなさんに買ってもらったのが『The Kinfolk Table』
Kinfolkのレシピ集です。
ずっとずっと欲しいと思っていたけれど、
¥4.500、高いなぁ〜…と買えずにいました。


飾らない自然体の美しさ、
何気ない日常のささやかな幸せを
大切に感じさせてくれるこの本は、
レシピ本以上の存在。
毎日の暮らしの中での価値感や時間のあり方を
あらためて考えさえられる1冊です。
私は大学の卒業制作で、
「日々の中の見過ごしてしまうような幸せ」と
いうようなことをテーマにしていました。
(その時は本当に力不足で、
 独りよがりなものになってしまいました)
今、こうして同じ価値観を持つ人たちが
世界中にいるのだと思うと、嬉しいです。


ブックデザインも最高に好き。
作り込まれていないからこそ美しい写真、
レシピでさえ物語を感じてしまうような、
日本語のフォントの選び方。
たくさんの人たちが出てくるのに、
決してうるさくない、心地良い静寂を感じます。


こちらのAndrew&Carissa Galloさんの
チョコレートプディングを、
もっとシンプルに作りやすくアレンジして、
クリスマスイブの朝ごはん用に作りました。
濃厚。



冬休みに入って、
友だちとずっと行こうと言っていた
「WORLD BREAKFAST ALLDAY」に行きました。
ここで食べれる朝ごはんのメニューは、
イングリッシュブレックファストとミューズリー、
そして2ヶ月ごとに国が変わる特集メニュー。
私が行ったときには、フィンランドの朝ごはんでした。


狭い店内、お客さんも満員だったため、
テーブルの隅っこ、角の席。。
ライ麦の生地でミルク粥を包んだパイに卵がのった
カレリアン・ピーラッカ、
ヨーグルトかな?ロソッリというサラダ、
ミートボール、きのこのソテー?マリネ?
味については、
うん、まあ食べ慣れていない外国の味だからね…
こういうものなのかもね…
という話を友だちとしました。
私がフィンランドにファームステイに行ったときは
こういうパイは、食べれなかったなぁ、、
そうだ、そこの飼い犬の名前が「ピーラッカ」だった。


そして、年末は帰省。


実家でのごはんは、大皿でどんと出て
みんなで分け合って食べるのが良いんですよね。
食べ過ぎるけど。


この時期は、きれいな和菓子でお茶したくなる。


愛するシュンくん(左)は
すっかり年をとって、体もやせてしまって、
1日おきに病院通いです。

さて、今年はどんな年にしようかな。
まずは早く声が出るようになってくれないと!

Happy New Year !

 

明けましておめでとうございます!
昨年は忙しくも楽しく、素敵な1年となりました。
特にInstagramでは
たくさんの方にフォローしていただき、
Instagramの公式ブログなどで紹介していただいたり、
roomieで記事を書き始めたり、
さまざまな良い出会いがありました。
そして、今年の2月下旬には
私の朝ごはんの本が発売される予定です。

支えてくれるたくさんの人に感謝をしながら、
少しずつ、一歩一歩、
ステップアップしていけたらと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!


昨年後半は本当に忙しくて、
年賀状を考える時間も全然ありませんでした。
ウガンダで撮ったシマウマの写真があって
助かったー。午年で良かった。

Christmas

 

Merry Christmas!
シンプルなケーキを作る時間もなく、
チョコレートプディング。

Cookbooks

 

欲しい欲しい、とずっと本屋さんで探して、
でもなかなか見つけられなかった
 Eli and Max Sussmanさん(確か兄弟)の料理本です。
やっと手に入れました!わーい!


料理本の場合、
本のデザインも料理の内容も
どっちも好きでないとほとんど買わないのですが、
この本はインターネットで見てから
ざっくりしたかっこ良さにほれて、
日本でも手に入らないか探していたものでした。
結局Amazonで見つかるという。。
Amazonすごいな。。


レシピ全部の写真があるわけではないですが、
そもそも私は英語が得意ではないので、
この本を参考に料理をすることもなさそうだし。
本全体のかっこよさを楽しめれば良いかな、という
自分にとっては珍しい本の選び方。

本を買うなら、見た目だけでなく
内容もちゃんとしていないと全然買う気になりません。
(時々、内容がそんなに欲しいものでもなくても
どうしても欲しい!って本に出会うときもあるけど。)

デザインも内容も完璧に私の好みな
レシピ本がこれ。


米沢亜衣さんの『イタリア料理の本』
シックなカバーに、
「見た目ではない、味なのだ。」のキャッチ。
そうそう、そうなんだよ…
時々私の朝ごはんとかを
「見た目が大事なんでしょ?」と
言われることもあるんだけど、
決して見た目が良ければいい、なんてものを
作りたいなんて思っているわけはなく。


中は大胆でかっこいい!



大好きな高山なおみさんの『野菜だより』 は、
アートディレクションが有山達也さん、
スタイリングが高橋みどりさんという、
鼻血が出そうなメンバー。


はぁぁ、本当にきれい。

cat


週末、姪っ子たちが小学校最後の運動会ということで
新幹線に乗ってはるばる姉の家に行きました。
運動会なんて久しぶりだけど、
楽しい!和む!時々感動でウルッとくる!
二人三脚がヘタな子どもたちとかかわいすぎ。

姉の家には猫が2匹。
こっちのグレーの子は人懐っこくて、
思いっきりベタベタしてきました。
いいないいないいな、家に猫がいる生活。

Gift from Germany

 

3週間ほどドイツに行っていた妹から
どっさりおみやげが届きました。
ありがとう!
下に敷いているのは、
スーパーで売っているエコバッグ。
日本でも増えてきましたが、
ドイツではスーパーで袋は有料で
こうしてエコバッグを売っていた、とか。
このエコバッグがさりげなく実はフェアトレードのもの。
やっぱりヨーロッパの方が日本よりも
フェアトレードが日常に浸透しているんだなー。

妹がドイツに行く前に、
「おみやげは紙ね。ざらざらのやつ。」
とリクエストしたところ、


そうそう!こんな感じの紙!
特にこのコースター(?)のグラフィックも
よくわからなくてかわいい。

さらに、


ニベア!
パッケージかわいい!
さすが妹、私が好きなものが良くわかってる。

旅行へ行くみなさま、
私のおみやげはこんな紙ものでお願いしまーす。


アフリカにも好みの紙がいっぱいありそうだけど、
そういえばちゃんと探したことが無かったかも。
去年梅田洋品店の梅田さんからいただいたノートが
すごく可愛かったので、
次にアフリカに行ける時があったら、
今度は紙ものを探してみたいと思います。



Syria


日本でもハンズとか色々なところに売っている、
シリアのアレッポの石けん。
我が家は体を洗うのは石けん派なので
石けんは毎日使うのですが、
いつも結局だんなさんが買ってきた安いものばかり
使ってしまっているので、
この石けん、使われずにしばらく出番待ち状態。

やっぱりシリアのニュースはかなり気になってしまいます。
日本のテレビや新聞ばかりだと
情報が偏ってしまうので、
インターネットでできるだけ色んな方向から見たいと
少しずつ検索してみています。
が、シリアのこの問題も今始まったことではないので、
なんだか色々難しい。
シリアと国連安保理の常任理事国だけでなく、
色んな国が入り交じっているし、
この先どうなっていくんだろうと、心配しています。


『米国は軍事拠点を狙うというが、市民はどうなるのか。
 空爆があってもなくても、シリア人がどんどん死ぬだけだ。
 もうどっちでも同じかもしれないが。』
養鶏業のフセインさんはあきらめ顔で語った。
(9月3日朝日新聞朝刊)


シリアと言えば、
数年前の映画『シリアの花嫁』は
映画館に見に行きました。
あの映画で見たシリアと、
今はまた全然違っているんだろうな。


<< | 2/5PAGES | >>

EMPAPURA PLUS

PROFILE

Instagram
Pinterest
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECOMMEND

RECOMMEND

TODAY'S BREAKFAST
TODAY'S BREAKFAST (JUGEMレビュー »)
山崎 佳
私の朝ごはんが本になりました。

RECOMMEND

謎の独立国家ソマリランド
謎の独立国家ソマリランド (JUGEMレビュー »)
高野 秀行
去年読んだ本で一番おもしろいと思う。

SEARCH THIS SITE

OTHERS