on the way to school

 映画「世界の果ての通学路」を見てきました。


何時間もかけて通学する子どもたちのドキュメンタリー。
監督は、私が好きな映画のひとつ「マサイ」も作った、
パスカル・プリッソン監督です。

片道15km/2時間、象やキリンのいるサバンナを通る
ケニアのジャクソン、
片道18km/1時間30分、パタゴニアの山や平原を馬に乗って走る
アルゼンチンのカルロス、
片道22km/4時間、アトラス山脈のゴツゴツした道を歩く
モロッコのザヒラ、
片道4km/1時間15分、障害があり、ボロボロの車イスを
弟たちに押してもらって通学するインドのサミュエル、
この4人と、その友だちや兄弟が主な登場人物。

映画の始まりは、
ケニアのジャクソンが地面を掘り、水を汲むシーンから。
もしや、これは「かわいそう」を誘う系の映画か?と
一瞬かまえちゃいましたが、そんなことはありませんでした。
無事に学校に着くよう祈る親に、
大変な道のりを、兄弟や友だちと助け合ったりふざけたりしながら、
ぐんぐん進む子どもたち。
それをきれいな映像で淡々と見ていくもので、
大袈裟さも無く、とはいえ、
少しハラハラしたり、時々笑いが起きたり、
子どもってなんて単純で素直でかわいいんだろう!と
見終わったあとに、晴れ晴れした気持ちになりました。

この映画の中で、ケニアのジャクソンと妹のサロメが
優しい声で歌っているのが、
東アフリカあたりではよく知られている
"Yesu Ni Wangu"というクリスチャンの歌。
スワヒリ語です。Jesus is Mineという意味。


これはウガンダのKyampisi Children’s Choir。
映像の最後の方で、子どもたちだけでなく
大人の人たち、警察やお年寄りまで踊っているシーンがあって、
ここ、すごく良いなぁ、と思って見ていたのですが、
町の中で踊る人たち、、って、
Pharrell WilliamsのHappyじゃん。
流行り先取り(笑)。

この映画、見に来ている人は、
けっこう年配の方が多かったのですが、
小学生くらいの子どもがいる人
子どもと一緒に見に行ったらいいんじゃないかな、と
思いました。


このジャクソンの、完璧なスピーチ…
しっかりしてるなぁ。


EMPAPURA PLUS

PROFILE

Instagram
Pinterest
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECOMMEND

RECOMMEND

TODAY'S BREAKFAST
TODAY'S BREAKFAST (JUGEMレビュー »)
山崎 佳
私の朝ごはんが本になりました。

RECOMMEND

謎の独立国家ソマリランド
謎の独立国家ソマリランド (JUGEMレビュー »)
高野 秀行
去年読んだ本で一番おもしろいと思う。

SEARCH THIS SITE

OTHERS